深夜のパソコンやTV鑑賞

公開日:  最終更新日:2017/09/24

とことで、久しぶりの健康情報(^ω^)
米国の研究者によると、夜遅くまでPCやテレビの画面を見ていたり、
画面を付けたまま眠りに落ちると、うつ病になるリスクが高まる可能性があるそうです。

このの研究は、
米国防省が資金面で協力。
オハイオ州立大学医療センターのチームが行いました。

実験の内容は、
薄暗い部屋にTVがついているのと同程度に照明を設定。
そこにハムスターを4週間おきます。
そして通常の明暗サイクルに置いたハムスターと行動や脳の働きを比較。

結果はハムスターの状態の変化は、
人間のうつ病の病状と一致したと指摘がありました。

薄暗い部屋にいたハムスターは行動が減り、
砂糖水への興味も低下したとか。
それがどうやらうつ病の病状と類似しているそうです(`・ω・)

といっても個人差はありそうですね(´・ω・`)
僕は寝る際は静かで真っ暗じゃないと寝れないタイプです(((( ;゚Д゚)))

なのでTVなどがついているのはもってのほか。
またTVの光や音の影響で脳が休まらないという話もあるぐらいですよね。

ちなみに豆電球程の弱い光でも人間は皮膚で明かりを感じて、
熟睡できないという話もありますヽ(`・ω・´)ノ

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑