虫の鳴き声は日本人だけのもの

公開日: 

とことで、夏も終わり季節は秋になりました。
涼しい夜に虫の奏でる鳴き声を聞いて眠りにつく方もいらっしゃるのでは(`・ω・)
どうやら近年の研究によると虫の鳴き声の認識はは日本人とポリネシア人のみだという事実が判明したそうです。

東京医科歯科大学の名誉教授・角田忠信氏によると、日本人とポリネシア人の脳の働きには、他の多くの民族と比べて大きな違いがみられるとされます。
人間の脳は右脳と左脳とに分かれております。
一般に右脳は感性や感覚を司り、左脳は言語や論理性を司ると考えられています。
そして、ほとんどの民族は虫の声を右脳で認識するが、日本人とポリネシア人だけは左脳で認識しているということです。そのため、多くの民族には虫の声は「雑音」にしか聞こえない一方、日本人とポリネシア人には「言語」として認識されるようです。

また例え日本人やポリネシア人でも外国語を母語とする者は、虫の声が「雑音」として認識され、外国人でも日本語を母語とする者は、虫の声が「言語」として認識されるということです。どうやら虫の鳴き声を“声”として認識する原因は、民族的な遺伝にはなく、その人の母語に秘密があるようですね。

特に日本は虫の声を表す表現もほかの言語と比べ豊富だそうです(`・ω・)
蝉のミンミンや、蜂のブンブン。
挙げてみれば色々な虫の鳴き声が表現されております。

虫の声を雑音でなく声として認識して、
季節の変わりを楽しむことは日本人独特の感性なのかもしれませんねヽ(`・ω・´)ノ

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑