白米の食べ過ぎで糖尿病?

公開日:  最終更新日:2017/09/20

とことで健康情報(`・ω・)
日本人には欠かせない主食、白米。
僕も白米が大好きです(´◉◞౪◟◉)

しかし炭水化物の王様であり、
最近では食べ過ぎによる弊害もささやかれております。。

英医学雑誌の「BMJ」に白米の消費量が増えるほど、
2型糖尿病の発症リスクが上昇するという結果が掲載されました。

この報告によると、
日本、中国、米国、オーストラリアで行われた、
観察研究の結果を総合したものだとか。

スポンサーリンク

米食の日本人と中国人は、当然白米消費量は多いです。
ご飯としては1日平均3.4膳食べているそうです。

一方、西洋人は週に1.2膳とされ、
消費量が最も少ないグループに比べ、
最も多いグループは2型糖尿病の発症率が1.27倍に増加したそうです。

アジア人では1.55倍に上昇したとか(`・ω・)
量との関連でも、ご飯が1膳増えるごとに、
2型糖尿病発症リスクが増え、「おかわり」の代償として
男性で1.08倍、女性では1.46倍にも増えたそうです。

こんな結果ですが、極度に心配することはないとか。
しっかりと運動を行ったり、日常に身体を動かせば、
そのリスクは相殺されるそうですヽ(`・ω・´)ノ

やはり欧米人と比べアジア、
特に日本人・中国人は白米摂取が多く、
2型糖尿病のリスクが高いという事がわかったそうです。

しかし、主食の白米ヽ(`・ω・´)ノ
美味しいですよねぇ(´・ω・`)
無理に我慢するのも良くありません。。

そんなことで毎日1時間以上の運動をおこなうことで、
そのリスクが相殺されるそうです。
ご飯の量を調整するかエクササイズかどちらかを選ぶのですね。

今、糖質というものが注目されています。
糖質は炭水化物に多く含まれ、代表的な者がお米です(´・ω・`)

糖質を大量摂取すると食後、高血糖が糖尿病の進行を加速します。
加えて心血管系の合併症を引き起こすこともわかっています。
これが大量の糖質摂取が危険視される理由です。

大量の糖質摂取が生活習慣病のリスクをあげてしまうのですね。
かと言って、主食の白米を徹底に排除するのは難しいですよね(´・ω・)
このリスクを下げるには?

血糖値の上昇を抑える食物繊維とマグネシウムを豊富に含む、
野菜や大豆製品を食べてからご飯を食べるのも良いとされます^^

よく健康的なダイエットを行うには、
野菜から食べることが大切といいますが、
これも血糖値を急上昇させることを防ぐためなんですね^^

ちなみに、うちの父は高血圧でしたが、
白米を控えるようにしてから血圧が安定したそうです(´・ω・`)
やはり大量の糖質は心血管系に影響するのでしょうね(`・ω・)

それでもご飯は減らせないという方は、
玄米などの精製されていないものをお勧めします♪

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑