脳にハッピーホルモンを

公開日:  最終更新日:2017/09/15

とことで、気持ちを明るく持つことが大事です^^
そうすることで、行動的になりストレスも過剰に背負わなくなります。
しかし気持ちを明るく持つという事は簡単に出来るものではありません。

人それぞれ性格などもありますし(´・ω・`)

少しでも明る幸せな気持ちを持ちたいなら、
まずやること。

それが脳にハッピーホルモンを作ることです(^^)
好きな音楽を聴いたり、
ペットと遊んだり、
大好きな家族や恋人と過ごしたり、
美味しいものを食べたり。

こういったことで気持ちは明るく幸せになりますよね^^
このハッピーホルモンに欠かせないのが、
セロトニンという物質です(^ω^)
セロトニンが脳の視床下部から分泌されると幸福感を得ることができます。

セロトニンはストレスにも打ち勝つホルモンでもあります(`・ω・)
うつ病の方は絶対的なセロトニン不足の方が多いとか(+_+)

セロトニンがしっかりあると、
ちょっとした失敗でもめげず、
冷静に物事を処理する余裕も生まれるようです(^^)

セロトニンはアミノ酸の一つでもある、
トリプトファンから作られます(^ω^)

トリプトファンは食物やサプリメントでも補給できるんです^^
特に、バナナや牛乳、チーズ、赤みの魚やお肉に含まれます。

ここで大事なのがトリプトファンだけではありません。
ビタミンB6も必須なのですヽ(`・ω・´)ノ

ビタミンB6はレバーなどにも多く含まれております。
セロトニンはトリプトファンとビタミンB6を合わせて作られるんです(`・ω・)

ビタミンB6とトリプトファンをしっかり取り、
セロトニン不足の人はいっぱい作りだしましょう^^

脳を幸せホルモンいっぱいにすることで、
心も明るく元気になります(^^)

ちなみに僕もひどい鬱症状に悩まされたとき、
無意識に大豆プロテインをかなりとっておりました。
そのあと、鬱症状が和らぎ、何でだろうと思っていたら、
大豆プロテインにはトリプトファンがたっぷり含まれておりました。
それだけが回復のきっかけではありませんが、
無意識に身体がトリプトファンを欲しがっていたのかもしれません。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑