健康が気になる方は爪も見てみよう

公開日:  最終更新日:2017/09/14

とことで健康情報(`・ω・)
みなさん普段自分の爪の状態を見ていますか?^^
爪って昔から健康のバロメーターとも言われていますよね(`・ω・)

個人個人まったく違う形や色、質。
これをみるだけでちょっとした健康の変化を調べることも出来たり。

爪とその下の皮膚が真っ白な場合は、
貧血や肝臓機能の低下、栄養失調が疑われるそうです。
爪全体が白く、縁の色が濃い時は、
肝臓病が隠れている可能性もあるとか(((( ;゚Д゚))

黄色っぽい爪の方で多いのが、
白癬菌などが繁殖している場合だとか。
こんな方は爪が分厚いけど非常にモロイそうです。
一方、甲状腺、肺、糖尿病などが影響している可能性もあるとのことです。

青黒い爪の方は、酸素が不足してチアノーゼ状態を起こしている可能性も。
肺炎や喘息などの呼吸器の問題があることも。。。
よくよく考えたらCD発症当時、呼吸器の調子が悪く、
年中息苦しさを覚えていた時は、爪がどことなく青黒い記憶があります(+_+)

スポンサーリンク

爪の下の皮膚が黒くなっているなんてこともあれば、
皮膚がんの症状の可能性もあるとか(´・ω・)
こういった場合はすぐにお医者さんに診てもらうのが一番だそうです。

爪が何層にもはがれたようになっているときに考えられるのは、
甲状腺の病気も考えらえるとか。でも黄色っぽい色になぁつている場合は
真菌感染のことが多いとされているそうです。

またメンタル面でも爪は深く関係しておりますヽ(`・ω・´)ノ
これは有名ですが爪を噛んでしまい、形が崩れている方。
こういった場合は心の面で強い不安やストレスが考えられます。

また爪噛みが癖になってしまうと、爪自体が弱くなってしまい、
綺麗に伸ばすのが難しくなる場合もあるそうなので注意です。

最近ではネイルアートなどでなかなか本来の爪を見る機会が減っております。
爪は健康の鏡となる。
こんなことを頭に入れてちょっとした時間に、
自分の爪を見るのも良いかもしれませんね(´・ω・`三´・ω・`)

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑