毒素と睡眠の関係

公開日: 

とことで、皆さんは眠れていますか??
私は睡眠が浅くあまり疲れが取れません(´・ω・`)

しっかり眠れると頭もすっきり!
次の日もはつらつに動けますよねヽ(`・ω・´)ノ
健康になるには睡眠も重要なポイントです。

米ロチェスター大学医療センターの、
Maiken Nedergaard医師らがおこなった研究によれば、
人間の体が睡眠を必要とする理由として、
起きている間に脳内でつくられた毒素(化学物質)を脳内から取り除く役割があるそう。
毒素を取り除くことで頭の中をスッキリさせるのですね。

この掃除のプロセスにはエネルギーが大量に使われるため、
覚醒した状態だと思考の妨げとなるので就寝中におこなわれるということでした。
寝不足でボーっとするのは睡眠中に除去しきれなかった毒素に
エネルギーが使われて思考が回らないという事です。

こういった毒素が溜まったままだと、
アルツハイマー病など神経系の病気の原因になる恐れも(((( ;゚Д゚)))
今後の研究として、脳の活動をより効率的にするには、
いつどうやって“掃除”がおこなわれているのかと、
その掃除の重要性を理解する必要があるとされています。

アルツハイマーだけでなく睡眠不足は、
鬱などの精神疾患のリスクを高めると言われていますし、
可能であればしっかりと睡眠を取りたいですねヽ(`・ω・´)ノ

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑