ブルーベリーはほんとに効くのか

公開日: 

とことで、CMでもお馴染みのブルーベリー。
あえてCMの名前は言えませんが(´・ω・`)
ブルーベリーは以前からルテインやカシスと並んで、
目に良い食品と知られております。

ではなぜブルーベリーが目に良いといわれ始めたのでしょうか。
それはこんなお話からだそうです。
「第二次世界大戦のイギリス空軍のあるパイロットの好物がブルーベリージャムで、そのおかげで夕暮れでも物がはっきりと見えた」

しかしこのお話、
実は戦争に勝つために流された嘘情報だったそう(´;ω;`)
しかも当時は、ブルーベリーの効果ではなく、とある別の野菜の効果として宣伝されていたものだったそう。

スポンサーリンク

それは何なのでしょうか。
この逸話の種明かしは、実はレーダーの性能を敵国ドイツに知られないようにするための方便でだったそうです。しかも、その当時、夜目に効果があるとされていたのは「ニンジンのカロチン(ビタミンA)」であり、ブルーベリー(のアントシアニン)ではなかったのです。

あの時代、「ビタミンAを大量に摂取すると夜間視力が向上する」という説は世界的に支持されていました。日本軍もビタミン注射などを採用していたほどです。そしてイギリスは、灯火管制で真っ暗だったため夜目が利くことが重要とされており、国を挙げてニンジンを食べるようキャンペーンを行っていました。「ドクター・キャロット」なんていうゆるキャラも存在していたそうですね(´・ω・`三´・ω・`)

そんななか、イギリス空軍は、夜間戦闘でドイツの爆撃機を多数撃墜するという戦果をあげはじめます。これ、本当はレーダーの性能が向上したおかげなんですが、敵国ドイツに悟られないよう、「ニンジンのおかげで夜目が利く撃墜王がいる」という宣伝を行ったみたいです。

現代医学においても、ビタミンAやビタミンB群は目にとって必要な栄養素であるとされています。特にビタミンAは、欠乏すると夜盲症の原因になる可能性があります。しかし、たくさん摂取したからといって、もとの視力以上に能力が向上するわけではありません。

ということでブルーベリーには視力を回復する効果があるのかわからないというのが真相です。一部プラゼボ効果もあるのでしょうか??
しかしウコンも一時効能効果が覆りましたよね。

ただ個人的には一時一生懸命飲んでいたブルーベリーサプリ。
効果があったのだと信じたいです(´・ω・`)

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑