電磁波の影響と避け方2

公開日: 

とことで続き(´・ω・`)
電磁波が発する機器でもいろいろありますが、
今回気を付けてほしいのは冷蔵庫です。
モーターの位置によっては表側よりも、
裏側の方が電磁波がより強く出るものもあるとか。

50ヘルツ、60ヘルツの極低周波電磁波は、
コンクリートを突き抜けます(`・ω・)
ですので、冷蔵庫を置いてあるすぐ裏側が、
寝る場所や机など常時いる場所にならないようにする
事が大事だそうです(+_+)

スポンサーリンク

生活に欠かせない光。
蛍光灯などもインバーター方式が主流のため、
高周波が強く出るそうです。
高周波の少ない白熱球も良いのですが、
熱を持ちやすく、電気の使用量も増えるので、
過敏症でなければ用途に合わせて使用するのも良いとのことです。

ここ最近主流の液晶テレビは、
この前のブラウン管と比べて極低周波電磁波の
発生は少ないのですが、高周波が強く出ており、
小さなお子さんがいるご家庭では注意が必要です(´・ω・`)

前回でもお話しましたが、
電磁波過敏症は誰にでもなりうる病気です。
また化学物質過敏症の方が併発することが多く、
要人が必要です。

電磁波の影響を少しでも避けることで、
こういったリスクを下げることにもつながりますので、
日頃から頭の隅に置いておくのも良いかもしれません。

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑