遅生まれは運動能力が高い??

公開日:  最終更新日:2017/08/28

とことで、皆さんは遅生まれ、早生まれどちらでしょうか??
わたしは12月生まれなので早生まれに近い方ですね。
小さい時のこの差は運動、勉強面でもかなり遅生まれが優位ですよね(´・ω・`)

とことでこんな研究結果が(´・ω・`三´・ω・`)
1月~4月1日に誕生日を迎える、いわゆる「早生まれ」の子どもに比べ、4月2日以降に誕生日を迎える「遅生まれ」の子の方が運動能力に優れている傾向が、男子は中学3年生まで続き、女子では小学5年生以上はほぼ見られなくなることがわかったと、奈良女子大の中田大貴・准教授(スポーツ科学)らの研究チームが発表しました。

幼少期は、同じ学年でも4月生まれと翌年3月生まれで体格の違いが大きく、運動能力にも差があることは、経験的に知られています。

チームは奈良県教委の協力を得て、こうした差がいつまで続くのかを調べるため、県内の小中学生計3610人が昨年行った体力測定の結果を分析。学年、男女ごとに4~9月生まれと、10月~翌年3月生まれにグループ分けし、50メートル走、立ち幅跳び、握力などの成績の平均値を比較しました。

スポンサーリンク

その結果、男子は中学3年生でも、4~9月生まれの方が高い運動能力を示した。一方、女子は小学校低学年は同様の傾向を示したが、5年生以上では差がなくなっていたそうです。

女子では、第二次性徴が始まる小学校高学年の頃から、運動を好む子と好まない子の個人差が拡大し、生まれた時期による違いはわかりにくくなるみたいですね。

中田准教授は「早生まれの子は運動の才能があっても見つけにくい。特に男子にそうした傾向があることを指導者は理解してほしい」と話しています。

アスリートを研究する広瀬統一・早稲田大教授(スポーツ科学)の話「大勢の子どもを分析し、男女差が出たのが興味深い。早生まれ同士、遅生まれ同士で運動能力を競わせるよう、指導法を考えなおすべきだ」

こういう結果を見るとなんだか納得できる気がします。
小学校時代、ガキ大将的な位置にいる子たちは大体が遅生まれで、
体格的に優れておりました。

小さい時の一年はすさまじい差を感じますからね(´・ω・`)

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑