においで体調不良、香害110番

公開日:  最終更新日:2017/08/28

とことで、皆さん香害という言葉をご存知ですか??
今や私たちは普段の生活で数多くの香りに囲まれております。
一般的には全く問題ない香りでも、人によっては体調不良にもなりかねないケースもあります。

それが「香害」という言葉として認知されてきました。
特にこの季節は消臭スプレーや制汗剤、香水などで悩まされるている方は多くいるとされます(´・ω・`)

日本消費者連盟(東京・新宿)は今月7月26日と来月8月1日の限定で相談窓口「香害110番」を設置する。担当者は「当事者の声を集め、行政やメーカーに改善を求めていきたい」と話しています(`・ω・)

連盟によると近年、「近所の洗濯物のにおいでベランダに出られない」「においで電車に乗るのがつらい」などの声が寄せられているそうです。

中には「吐き気がする」「体がだるい」「目がちかちかする」といった具体的な症状を訴える人もいるといい、専門の窓口を設ける必要があると判断した。

この香害。単なる一時的な体調不良なら良いのですが、
場合によっては化学物質過敏症の入り口になる可能性もあります(´;ω;`)
今回は期間限定の相談機関のようですが、今後少しでもこういった悩みを持つ方の
窓口が増えていけば良いと強く思いますヽ(`・ω・´)ノ

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑