プールで目が赤くなる原因は・・

公開日:  最終更新日:2017/04/01

とことでプール問題第二弾ヽ(`・ω・´)ノ(笑)
プールに通っていた終わりにいわれること。
目はちゃんと洗い流そうね(´・ω・`)

長時間プールで泳いでいると目が赤くなるなんてことがありましたよね。
理由はわからずに無邪気に目を水道水で洗い流した記憶がございます。

理由としては消毒用の塩素による刺激によるものと考えられていましたが、
衝撃の事実が(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル
実際はプールでの不届き者の放尿が原因と発表が・・

アメリカの水質・健康協議会の調査によりますと、約半数のアメリカ人はプールに尿が流出すると水の色が変わる化学物質が含まれていると信じているそう。71%がプールで目が赤くなる原因は塩素であると考えているとのこと。しかし、実際には尿と反応して水の色が変わるような化学物質は存在しておらず、また、プールで泳ぐ人の目が赤くなる現象の原因は消毒用の塩素ではなく「プールに放たれた尿」であることが明らかになりました。

塩素などの消毒剤はプール内の殺菌のために投入されております。
いったんプールに尿が含まれると、塩素が尿と反応して塩素が消費され、刺激物を生成するそうです。そして、ゴーグルをつけずに泳ぐ人の目の中に尿と塩素が反応して生成された刺激物が入ることで、赤く血走ったような見た目になってしまう、ということでした。

水質・健康協議会はこの問題を解決するべく、アメリカ疾病予防管理センター(CDC)、アメリカ国立プール財団(NSPF)とともに「プール内でのおしっこを防止するプログラム」を開始しており、プールの中に尿が含まれることが健康を害することにつながることを周知する教育キャンペーンを展開中とのことです。

なんだか二回連続でプールのおしっこ問題を報じてしまいました(´・ω・`)
それにしても子供だけでなく大人でもプールで放尿している人間がいるのを考えると、
道徳心のかけらもないのかと怒りさせ感じてしまいますね(`・ω・)(笑)

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑