おしっこプールは本当だった!

公開日:  最終更新日:2017/03/31

とこことで皆さんはプールを利用いたしますか(´・ω・`)
わたくしは若かりし頃、プールで働いていた時期がございました。
プールには老若男女問わず利用者が泳ぎにきます。

そんなことで一番気になるのが衛生問題。
特に幼児プールなんて気になることだらけです。
ちっさい子たちが知らぬ間におしっこをしているなんて事を考えていたり。
そんなことで海外でこんなタブーな研究結果が(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

それはプールにどれくらいのおしっこが混じっているかです(´;ω;`)
カナダのアルバータ大学の研究チームがプールに混じっている尿の量を量る方法を開発しました。

アルバータ大学の研究チームは、加工食品や飲料に含まれる人工甘味料の一種でスクロース(ショ糖)の200倍の甘味を有する「アセスルファムカリウム(アセスルファムK)」に注目しました。アセスルファムKは摂取した後に尿から排出されます。それを利用してプールの水を分析してアセスルファムKの量を測定し、そこからプールに含まれる尿の量を測定することに成功しました。

1のプールや温水浴槽を3週間かけて測定した結果、オリンピックの競技プールの3分の1の大きさに当たる83万リットルのプールに75リットル(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

1.5リットルのペットボトルに換算すると50本分の尿が含まれていることが判明したそうです。また、41万6400リットルのプールには30リットルの尿がふくまれていることがわかりました。また、温水浴槽のいくつかは突出して尿を含んでいるものがあり、あるホテルのジャクジーでは、含んだ尿の量が最も多いプールの3倍もの量の尿が含まれていたそうです。

研究を率いたブラックストック博士は「この研究結果を適切な水泳衛生習慣の教育を促進するために使いたい」と話しています。なお、2012年にはオリンピックメダル獲得数史上1位で最強のスイマーと呼ばれるマイケル・フェルプス氏が「みんなプールでおしっこをしていると思います」とThe Wall Street Journalのインタビューで発言し話題になったことが一時期話題になりましたヽ(`・ω・´)ノ

わたくしはプールで働いておりましたが、
この結果を見ると妙に現実的になり今後入る自信がなくなりますね(´・ω・`)(笑)

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑