タバコを吸うと肌が黒くなる

公開日: 

とことで、タイトルのタバコを吸うと黒くなる。
一瞬、肺が黒くなる?と思った人もいるかと思います^^

確かに喫煙者の肺は非喫煙者と比べると色が真っ黒だとか(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル
しかし、肺だけが黒くなる訳ではありませんヽ(`・ω・´)ノ

誰しもが憧れる白い透明感のあるお肌(^^)
自分も昔は健康的な小麦色な女性がタイプでしたが、
今は何故か透き通るような肌を持つ女性についつい目が行ったりします(´◉◞౪◟◉)

「色の白さは七難を隠す」という言葉があります。
今や女性の間では、白い肌が美の象徴になっていたり。
基礎化粧品やサプリメントなどでも美白効果があるものが注目されています。

しかし、美白を目指しながらタバコを吸っている方へご注意(´・ω・)
日本人女性の肌は喫煙によって黒ずむという研究結果を、
岐阜大学大学院医学系研究科の永田知里教授(疫学・予防医学分野)らが数年前に発表しました。
喫煙したことがない人や元喫煙者より、
喫煙者のメラニン色素量が多いとか(´・ω・`)

永田教授らは、2003年10月から06年3月にかけて、
岐阜県の総合病院で健康診断を受けた女性から、喫煙状況などをアンケート。
対象になったのは20歳から74歳(平均年齢43.8歳)の939人だそうです。

喫煙者と喫煙経験者、非喫煙者に分けて調べたところ、
メラニン量は非喫煙者と喫煙経験者に比べて、
喫煙者が高かったそうです。

1日の喫煙本数や年数などとの相関性もあり、
喫煙量が増えるほどメラニン量も増えていました。
非喫煙者と比べた喫煙者と喫煙経験者のメラニン量は1.5~2.2倍だったそうです。

これを見ると、個人差はあれど、
タバコは肌を黒ずませてしまうリスクがあることがわかりました。
いくらサプリメントや基礎化粧品で美白を求めても、
タバコを吸ってしまったら意味があまりない気もします(´・ω・`)

現在、日本人の喫煙率は横ばいで、
女性に至っては微増だとか(´・ω・)
また未成年の喫煙者も加えると結果以上に喫煙者はいるかもしれません。

未だに美白ブームが続いておりますヽ(`・ω・´)ノ
タバコを吸いながら美白に励むというのは何だか、
プラスマイナスゼロのような気分にもなってしまいますよね(;・ω・)

もし美白を目指している女性でタバコがやめれない!!
そんな方がおりましたら、
これをいい機会として禁煙に挑戦してみるのも良いかもしれませんね^^

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑