化粧品かぶれにご注意

公開日:  最終更新日:2017/08/28

とことで、今や女性だけでなく男性も肌の手入れに化粧品を使用しております(`・ω・)
化粧品を使っていると、人によっては肌が赤くなることはあります。
それがすぐにひくなら問題ありませんが、ひかずに長引く場合も(´;ω;`)
それは化粧品かぶれかもしれません。

化粧品かぶれとは、化粧品を使った際に起こる皮膚の炎症です。
症状としては、顔全体が赤くなったり、かゆくなる、湿疹ができる、唇の腫れや水ほうができる、顔が腫れぼったくなる、といったものです。。

化粧品かぶれの原因には、二つの種類があります。
それが刺激性とアレルギー性の皮膚炎です。
刺激性の皮膚炎は、肌に接触してあまり時間をおかずにすぐ炎症反応が起きます。
その時々の体調や肌のコンディションによって左右される場合も。
今まで使っていた化粧品でも突然症状が出るケースもあります。
この時期のように乾燥が強く肌のバリア機能が低下しやすい時に、シャンプー、リンスのすすぎ残しで起こる場合も。

そしてもう一つのアレルギー性の皮膚炎は、化粧品中にある特定の成分にアレルギーを持っている人のみに起きる皮膚炎です。
体の免疫システムが特定の成分に反応するよう記憶され、特定の成分に触れた場合、肌の状態に関係なく症状が出ます(´;ω;`)
原因となる成分に触れてから1~2日後に腫れや湿疹、強いかゆみをともなった症状が出ます。遅延型のアレルギーですね。
刺激性の皮膚炎と違い、化粧品をつけた場所の周辺にも広がります。

もし化粧品でかぶれてしまった場合は、原因と思われる化粧品の使用をまず止めてみましょう。
症状が軽く、刺激性の皮膚炎と思われるときは、肌に何もつけず、洗顔も水のみで行います。
これを数日繰り返すことで自然に回復していきます。
炎症が強い場合や、肌のバリア機能が回復しないようなら、皮膚科の受診をお勧めします(`・ω・)

化粧品の成分でかぶれやすいものは、香料、色素、乳化剤の一部、界面活性剤などです。
基本は入っていても問題はないのですが、敏感肌の人は肌の様子を見ながら使用しましょう。
海外で販売されている化粧品も注意が必要です。
成分量や配合される成分が国内のものと異なる場合があるので(´・ω・`)
気になる方はパッチテストをして確認しましょう。

私も敏感肌ですので、乾燥する時期有無関係なく化粧水には注意をしております。

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑