悩んではげる??

公開日: 

とことで、皆さんには悩みはありますか??
男性の場合特に悩むと禿げるなんてことがよく言われますよね(´・ω・`)

深刻な悩みを抱えると円形脱毛症になる例などがあります。
しかし本当に毛髪に悪影響を与えるかどうかは、よくわかっていませんでした。
今回化粧品メーカーのマンダムの研究チームが、世界で初めてストレスが薄毛の原因になることを突きとめました。

 

ストレスで毛穴から生える本数が半分以下に

研究をまとめたのは、マンダムと医療法人社団「Xanaduあやこいとうクリニック」院長の伊藤史子医師との共同チーム。
2016年10月24日に開かれた日本美容外科学会で発表されました。
マンダムの発表資料によると、共同チームのこれまでの研究では、30~40代の薄毛傾向にある男性は、同年代の髪がフサフサしている男性に比べ、頭皮が硬く、毛髪が発育しにくいことが明らかになっています。

そこで今回は、ストレスが頭皮の硬さに与える影響を調べました。
人間はストレスを感じると、「コルチゾール」というホルモン(ストレスホルモンの一種)を分泌させ、気持ちを落ち着かせようとします。
逆にいうと、コルチゾール濃度の高い人ほどストレスにさらされており、「悩んでいる」ことになります(´・ω・`)

30~40代の男性24人を対象に、唾液中のコルチゾール濃度と毛髪の関係を調べると、コルチゾール濃度の高い人ほど後頭部の毛髪の直径が細いことがわかりました。
たとえば、コルチゾール濃度が約3倍高くなると、毛髪は6割ほどの細さになります。

しかし、唾液中のコルチゾールは1日のうちで変動が大きく、より確かなストレスの指標を使うことにしました。
ストレスを感じると数値が上昇する血液中の「血清尿酸値」ですヽ(`・ω・´)ノ
男性24人の血清尿酸値を調べると、尿酸値が高い人ほど、後頭部の頭皮にある毛穴1つあたりから生える毛髪の本数が少なくなることがわかりました。
たとえば、尿酸値が5ポイント増えると、毛穴から生える毛髪の本数が2本半から1本へと、かなりの割合で少なくなります。
また、尿酸値が高い人ほど頭皮が硬いことも確認できました。

つまり、ストレスを感じやすい人は、頭皮が硬くなって毛髪が育ちにくくなるばかりか、毛穴から生える本数も減ってしまうということです。
研究チームでは「頭皮をやわらかく保つことが大切」として、頭皮の状態をよくする製品の開発に努めるとコメントしております。

世界の男性の3割、ヨーロッパは4割がハゲ

ストレスが薄毛を進行させるならば、「悩まない」でポジティブに生きることが大事かもしれませんヽ(`・ω・´)ノ
日本人は海外と比べて薄毛に神経質な面があります(´・ω・`)
欧米ではハゲは隠すことでなくオープンでカッコいい見方もあります。
ブルース・ウィルス、ショーン・コネリー、ジャン・レノ、ジュード・ロウ、ジェイソン・ステイサム。
ハリウッドで活躍されている俳優さんは薄毛の人も多いのですよね(`・ω・)

大手かつらメーカーのアデランスが、2009年にユニークな「世界の成人男性の薄毛率フィールド調査」を発表しております。
2000年から2008年にかけ、世界の主な21か国に調査団を派遣、各国の男性の薄毛人口割合を実地調査。
調査方法は、調査員が主要都市の街頭に立ち、通行人を目視するというものです。
髪の毛のボリュームや頭皮の露出具合から明らかに髪が薄い人を「薄毛」と判断しました。
1か国あたり3800~14000人を調査した結果が、次の通りです。
上位には欧米諸国がずらりと並び、日本は14位(カッコ内は観察した都市)。

(1位)チェコ(プラハ)42.8%

(2位)スペイン(マドリード)42.6%

(3位)ドイツ(フランクフルト)41.2%

(4位)フランス(パリ)39.1%

(5位)アメリカ(NY・LA・シカゴ)39.0%

(7位)ポーランド(ワルシャワ)38.8%

(8位)オランダ(アムステルダム)37.9%

(9位)カナダ(モントリオール)37.4%

(10位)イギリス(ロンドン)36.0%

(11位)ロシア(モスクワ)33.3%

(12位)オーストラリア(シドニー)30.4%

(13位)メキシコ(メキシコシティ)28.3%

(14位)日本(東京)26.1%

(15位)中国(香港)24.7%

(16位)シンガポール(シンガポール)24.1%

(17位)タイ(バンコク)23.5%

(18位)マレーシア(クアラルンプール)22.7%

(19位)台湾(台北)22.6%

(20位)韓国(ソウル)22.4%

(21位)中国(上海)19.0%

日本人はアジアの中では一番多いですが、4割近い欧米の人たちに比べ、かなり少ない割合です(*’ω’*)
欧米人(大多数が白人)に薄毛の割合が高い理由については、男性ホルモンの分泌量が多いことなどが挙げられていますが、理由ははっきりしていません。
世界の成人男性の約3割、ヨーロッパに行けば約4割が薄毛です。
海外だとハゲは当たり前(`・ω・)
何事もオープンに考えた方がよいかもしれませんねヽ(`・ω・´)ノ

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑