原因不明の症状は化学物質過敏症?

公開日: 

とことで皆さんは化学物質過敏症という病気を知っていますか??
名前だけは知っている方もいるかもしれませんが、
いまだどんな病気か知らない方も多いかもしれません(´・ω・)

今回は誰にでも起こり得る化学物質過敏症についてご説明ヽ(`・ω・´)ノ
身近にある化学物質過敏症の原因はこちらです。

化学物質過敏症は「化学物質に大量に接触、または微量でも持続的に接触した後、同じ物質に再接触した場合に起こるさまざまな症状」のことです。
原因として殺虫剤や除草剤などに含まれる化学物質をはじめとして、トルエン、シンナーなどの有機溶剤、防火のためにじゅうたんなどに染みこませてある防炎剤などがあります。いまや生活のいたる全てにその要因があります(´・ω・`)

より身近な物で例を挙げると、洗濯に使う柔軟剤や身にまとう香水などに含まれる物質に反応する人もたくさんいます。
本人の喫煙の有無にかかわらず副流煙を発生させるたばこもまた、大きな影響があるとされています。

最近だと香害なんて言葉も浸透していますよね(´・ω・`)
これが化学物質過敏症の入り口になるなんて方もいるので注意が必要です。

自分で避けようとしても周囲の人がこれらのアイテムを使用していたら、症状が出てしまうのがこの病気の辛いところ。仕事場や学校などで一緒に過ごさざるを得ない状況に置かれていたとしたら、避けようがありません。

まだ一番の問題が化学物質過敏症はそれほど知られていないため病気です。
仕事場・友人、時には家族など周囲の理解を得るのが難しいのがこの化学物質過敏症の難しいところです(´;ω;`)

化学物質過敏症の症状は多岐にわたります。いくつかの種類に大別でき、その中でも細かな症状がありますが、人によって症状も強さも個人差があります。

以下が主な症状です(´・ω・`)
自律神経系

発汗や冷え、めまい、倦怠感など。

神経・精神系

頭痛や不眠、不安感、うつ状態、集中力・意欲の低下、イライラ、関節痛、筋肉痛など。

気道系

のどの痛みや鼻の痛み、呼吸障害など。

消化器系

下痢や便秘、嘔吐など。

感覚器系

眼精疲労や視力低下、味覚異常など。

循環器系

動悸や不整脈、高血圧など。

免疫系

皮膚炎やじんましん、喘息、リンパの腫れなど。

泌尿生殖器・婦人疾患系

生理不順や頻尿、尿失禁、膀胱炎など。

更年期やうつと誤解されやすい病気でもあります。

風邪やうつ病と重なる症状が多くあります。
普段から「更年期だから」と諦めつつ感じている不定愁訴も、実は化学物質過敏症が原因かもしれません。だからこそ診断が難しいと言われており、アレルギーの専門医でもなかなか気づけないことがあるとされます。

また、今や社会にも浸透した「シックハウス症候群」という言葉。
化学物質過敏症との違いは前者が特定の化学物質や特定の場所に反応するのに対し、後者は微量でもその原因物質がある所ならどこでも反応します。まさに四面楚歌状態が化学物質過敏症の恐ろしいところです(+_+)

シックハウス症候群は一般的に家から特定の物質がなくなれば、症状が治まると考えられています。ただ、シックハウス症候群は化学物質過敏症の前段階と呼ばれ、何らかのトリガーがひかれた場合は化学物質過敏症に移行するという危険もあります。

そして怖いことに、化学物質過敏症になると日光アレルギーやアトピー性皮膚炎、花粉症など化学物質以外のアレルギーも併発しやすくなるとも言われます。これが負のスパイラルになってしまうのですね。

周りの方にこのような症状や悩みがある方がいたら、
是非気にかけてあげてくださいヽ(`・ω・´)ノ
化学物質過敏症は周囲の理解が一番大切な事なのです。

※こちらの記事はマイナビニュースを一部参考にしました

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑