果物好きが減っておりますね

公開日:  最終更新日:2017/08/28

とことで、皆さんは果物をどれくらいの頻度で食べますか??
果物は甘みや水分、食物繊維、ビタミン、ミネラルが豊富な食べ物。
そして酵素もたっぷりヽ(`・ω・´)ノ

中には身体を冷やすものもありますが、
お菓子何かと比べると甘みをとるものとしては、
身体にも優しいですよね(´・ω・)

わたしは果物大好き(´・ω・`三´・ω・`)
洋菓子や和菓子が基本食べれないので、
果物で甘みを補給しております(笑)

そんなことで友人に聞いたら、「果物は嫌い」なんて言葉も。
理由として皮をむくのが面倒という何ともめんどくさがりなお話。
あんなに美味しいのに(´;ω;`)
この時期はブドウや梨、マンゴーなども旬ですね♪
個人的にはドラゴンフルーツが楽しみです(^ω^)

しかし、私の気持ちとは裏腹に、
果物の消費量が減少傾向にあるそうです。
とりわけ若い世代を中心に、生鮮果実の消費量が減っております。
やはり理由として、生鮮果実の食べにくさや酸味が離れだとか。

生鮮果実の1人1年当たりの購入量は、平成元年には34.4キログラム。
平成23年には27.1キログラムまで減少しました(´・ω・`)
ただでさえ減っているのに若い世代は、
60代の半分程度だそう(´・ω・)

純粋な果物離れと思いきや、
果実加工品の購入数量は増加傾向にあるという何とも悲しいお話も。
ジュースや菓子類など、加工品での果物を摂る人は増えているそう。

農水省の上記調査によると、
生鮮果実を食べない理由として約半数が挙げているのが「手間の問題」だそう。
最近ではリンゴやモモの皮を向けない若いお母さんもいるそうです(´・ω・)
また手っ取り早くカットフルーツを買ったり。

そして一人暮らしが増えたこと。
大きな果物ほど売れにくくなっているみたいです。
確かにスイカ一玉は一人では食べきれません(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

そして酸味離れも一つの要因だそうです。
グレープフルーツは10年前と比べ半分。
しかし糖度を高めたキウイフルーツやバナナは輸入が増えているとか。

これも生活の変化が関係しているとか。
個食などの影響で、好きな物を食べる事が出来る。
そんなことが酸味離れにつながっているそう。

果物好きとしては何ともさびしいお話ですヽ(`・ω・´)ノ
確かにカットフルーツを見る頻度が増えております。
刺身にされている魚が海で泳いでいるというお話と同じで、
そのうちカットされているフルーツが、
そのまま木に成っていると勘違いするお子さんも出てくる可能性も・・・!

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑