笑いましょ(*´ω`)笑いましょ(*’ω’*)

公開日:  最終更新日:2016/10/25

とことで、皆さん最近心の底から笑いましたか?(^ω^)
「笑う門には福が来る」そんな諺があるように、
笑顔を絶やさず過ごすと福を呼び寄せるなんて言われています。yuka150912566000-thumb-autox1600-20159
このブログでも何度も取り上げている笑いについての効果。
笑うことで、心と身体に大きな影響があることが分かっています。

とことで、本題(´・ω・`三´・ω・`)
笑いにも三つの種類があるそうです(^ω^)

笑い転げる笑いや、苦笑い、失笑なんてのもありますね。
種類に分けるとこちら。
(1)快の笑い
(2)社交上の笑い
(3)緊張緩和の笑い

ここで一番大事なのが快の笑いです(´・ω・`三´・ω・`)
お笑い番組をみて心から笑う、
家族や親しい友人とのたわいもない笑い話で笑う。
心の奥底から笑い、声や表情にも笑いが伝わることです。
腹がよじれるほど笑う事もありますよね(^^)

この快の笑いには3つの効果があります(^ω^)
1つめは、自律神経への刺激です。
交感神経と副交感神経を活発にしたり、
休ませたりしてメリハリをつける作用です。

笑っている間は交感神経が活発になります。
これは緊張状態にも似た効果(´・ω・`)
しかし笑い終わると副交感神経が活発になり、
リラックス状態に向かいます(^^)
これが精神を休ませる効果になるのですね。

自律神経のバランスが崩れてしまうと、
身体的にどこも悪くないのに、
頭痛やだるさなど体調不良を引き起こす原因となってしまいます。
笑いは交感神経や副交感神経のスイッチを頻繁に切り替え、
バランスを調整して、心の健康を維持するんです(^ω^)にっこり

そして意外な効果も(´・ω・`三´・ω・`)
ダイエットにもよいとか(笑)
腹がよじれるほど笑ってお腹が痛い。
そんな経験、みなさんにもありますよね(`・ω・)

実はこれ、腹式呼吸を自然にしているそうです。
大笑いで腹筋を中心に筋肉を使っている。
お腹を抱えるほどの笑いの場合、
10分間で30キロカロリーほどの消費だそうです。

それだけでなく、腹式呼吸により酸素が体内に多く取り込まれ、
血の巡りもよくなるなんてこともヽ(`・ω・´)ノ
これが基礎代謝を向上させ、新陳代謝も活発にさせます。

そして最近注目されているのが「笑いは薬よりも強し」です。
ご存知の方もいるかと思いますが、
ナチュラル・キラー(NK)細胞を活発にする効果があるとされます。

リンパ球の一種であるNK細胞は、
ガン細胞やウイルスなど体内の異物を退治してくれる掃除屋です。
これが活発になるとガンや感染症にかかりにくくなると言われております。

笑うことでNK細胞を活発にし、免疫が上がる。
こうする事で健康につながるという事ですね(`・ω・)
逆に悲しい気持ちになると、NK細胞の活動が減り、
免疫もダウンなんてお話もあります(((( ;゚Д゚)))

ちなみに軽い運動15分程度で笑いと同じ効果があるそうです(^^)
笑う生活を行い、かつ軽い運動で相乗効果を狙うのも良いかもしれませんヽ(`・ω・´)ノ

笑いはお金のかからない健康法(^ω^)
行ってみて損はないかと思います♪♪

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑