20-20-20の法則とドライアイ

公開日:  最終更新日:2017/08/29

とことで健康情報(´・ω・`三´・ω・`)
PCやタブレット端末、スマホなどなど。
現代人は目を酷使するツールばかり使用しております。

そんな僕も、一日中PCと睨めっこしたり、
空いた時間にスマホを使ったりと目を酷使しすぎな気がします。

目を酷使すると辛いのがドライアイ。
自分も慢性的なドライアイに悩まされております(+_+)

一番の原因がやはりPCですね><
そんなことで、PCのモニターの明るさや色合いを変えて、
何とか少しでもドライアイを改善しようとしております。

ドライアイの直接の原因は瞬きが少なくなることだそうです(´・ω・`)
そんなドライアイの予防に活用したいのが20-20-20の法則だとか。

20-20-20の法則ヽ(`・ω・´)ノ
何だか聞きなれない法則ですね。
そんなに難しい事ではありません^^

20分パソコンを使用するごとに20秒間の目の休憩を取ります。
そして20フィート向こうの物を見ること。
20フィートとはおよそ7メートルだそうです。

この方法をするだけで、ドライアイのリスクが減るそうです(`・ω・)
PC作業やゲームをするとついつい長時間モニターを見がちですので
適度な小休憩が必要なようですね^^

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑