薬品漬けのカット野菜を食事でカット

公開日:  最終更新日:2017/08/29

とことで健康情報(´・ω・`三´・ω・`)
いきなりツマラナイジョークを発してしまいすみません・・・!!
しかし全く反省する気はございません(`・ω・)←開き直り

とことで本題(´・ω・`三´・ω・`)
一人暮らしなんかで重宝するカット野菜。
ついつい一人暮らしだとお野菜を腐らせてしまったり(´・ω・`)
そんな時にカット野菜が大活躍しますよね。

またオフィスで仕事の際に、
カット野菜サラダをコンビニで購入し、
主食にプラスする何てことも。

しかし、注意したいのが栄養素(´・ω・`)
はたしてカット野菜に栄養素はしっかり入っているのでしょうか。
そのあたりが心配ですね(`・ω・)

スポンサーリンク

実はカット野菜を作る工程はこちら。
野菜を切った後に、次亜塩素酸ナトリウムなる消毒液に投入。
またはプールに使う塩素水に何度も漬けて殺菌します。
こんな強い消毒液を付けたら塩素臭くなるのでは??

そんな心配する方々のために、
何度もお水で洗浄するとか(((( ;゚Д゚)))

本来、野菜はカットされることでビタミンCが流れ出たり、
壊れたりします。これに消毒液につけるというコンボを行うと、
期待される栄養素が一切ないなんて場合もあるそうです。
残っているのは食物繊維のみなんて・・・

またこれらの消毒液は鮮度を保つためにも使用されます。
出荷されてお店からお客へ渡るまでに長い時間をかけても、
しなびない野菜って良く考えると不自然ですしねぇ(´・ω・`)

そしてちょっと気になることも。
薬品につけられた野菜は切断面に、
その薬品が浸み込んでいます。
次亜塩素酸ナトリウムは胃酸と反応すると塩素ガスが発生、
発がん性物質になるとも言われていますね(´・ω・`)

確かにカット野菜は手軽かもしれません。
しかし健康を考えるなら、
自らで野菜を調理するのが安心かもしれません。
特に小さなお子さんに消毒液漬けの野菜を口にいれさせるのは、
少々抵抗がありますよね(´・ω・`)

外食などでは避けようがない場合もあるので、
自宅で食事をするときはなるべくカット野菜は避けた方が良いかもしれません^^0348a8f49caf4a866b0e23bbddd74eac_s

皆さんに知ってほしいのは、
こういったカット野菜に使われる消毒液の影響で、
化学物質過敏症や思わぬ体調不良などの入り口に入る可能性も有るからです(´・ω・)
少々ならいいのですが、毎日毎日積み重ねる事で、
思わぬ健康被害にあう可能性もあります。

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑