ゴキブリで喘息

公開日:  最終更新日:2017/08/29

 

とことでアレルギー情報(´・ω・`三´・ω・`)

皆さんも好きな人はいないと思いますがGですヽ(`・ω・´)ノ
G・・・・・ゴキブリですね(´・ω・`)

あの長い触角、黒光りした姿、早い動き・・・・
人に嫌われるフォルム満載です(((( ;゚Д゚)))
Gは雑食性で、パンだろうがジャガイモだろうが油だろうが何でも食べます。
bug_gokiburiはたまた髪の毛や排せつ物でも(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル
不衛生の塊で病原体の媒介の原因にも。

そんなGが原因でアメリカでは喘息が問題になっているそうです。
とくにお子さんのG喘息が多発。
原因物質は虫本体や糞などです。
なので小まめな掃除が必要になります。
糞などがホコリに含まれて反応してしまうのですね(´・ω・`)

とにかくこの原因を排除するには、
Gがいる場所をしっかり把握することです。

Gが居そうな場所はこちら(´・ω・`三´・ω・`)

□1.狭いところ

ゴキブリには「接触走性」(圧迫を好む習性)があります。扁平で油ののった体をしているのは、狭いスペースに入りやすいためです。特に、表面のざらざらしたところが大好きですから、ステンレスやタイルより、食器棚の裏や棚と棚の隙間、壁の割れ目などに居ます。

□2.暗くて食べ物のあるところ

ゴキブリは食欲旺盛で、雑食で、夜行性です。昼間は姿を潜めていても、夜になると食べ物や水のそばに出てくることがあります。主に食べ物が入った戸棚の中、米びつ、ペットのエサ入れ、生ゴミ入れ、食器の水切り容器の水受け皿、流し台の排水溝などに現れます。

□3.暖かいところ

ゴキブリは18度~32度くらいの温度が大好きです。それより寒かったり、暑かったりすると、死んでしまいます。冬季は部屋の温度が下がっていると、ゴキブリは暖かい場所に隠れます。冷蔵庫の下や給湯器の裏、ガスレンジの奥に居たりします。

そして把握した後、毒餌やホイホイさんで根絶やしにする(`・ω・)
これが最善策みたいですね。

我が家も暖かくなりGを一匹発見(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル
そんな事で母がブラックキャップなる毒餌を設置。
しかしそのブラックキャップから漂うG寄せの臭いに反応(´;ω;`)

そういえば去年も同じことが起こりました(笑)
鼻と目の粘膜が痛くなり、
そして呼吸器にも(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

G撃退する前に自分が撃退されるところでした(´・ω・`)
幸いすぐに脱出して難を逃れましたが、
自分の学習力のなさにがっかりさせられた今日この頃です(笑)

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑