隠れ老化

公開日: 

とことで、かくれ老化という言葉知っていますか?
細胞や組織の劣化といった静かな老化は、
30代の身体の不調となって現れます。
これを「かくれ老化」と言います(`・ω・)
lgf01a201412270400

年齢を重ねふとした時に感じる、老化。
顕著に表れるのは40代~50代だとか(`・ω・)
疲れがとれなくなった、シワやシミが気になり始めた、
歯茎が痩せてきたなどなど、
今まで気にならなかったことが気になり始めたりします。

この「かくれ老化」を食事や運動、サプリメントなどにより
予防することで、骨粗鬆症やロコモティブシンドロームなどの
リスクを減らし、快適な生活を目指すプロジェクトが
「脱!かくれ老化プロジェクト」として立ち上げられました。

「かくれ老化プロジェクト」の実行委員が調査。
40~59歳の男女1000人のアンケートを実施。

何をするのも憂鬱/面倒に感じるは、
かくれ老化該当者が53.1%
健康な人19.3%

肌や歯が気になって笑うのが嫌だと感じる
かくれ老化該当者29.7%
健康な人6.4%

かくれ老化該当者は、健康な人に比べ、
それぞれが2倍以上になりました(´・ω・`)

そんなことで「かくれ老化チェック」(´・ω・`三´・ω・`)
以下のチェックに2つ以上該当したら「かくれ老化」とされます。

●筋肉 15分以上歩くと、疲れて座りたくなる

●骨 腰に痛みを感じる。姿勢が悪いと言われる

●関節 階段の昇り降りなどの上下の動きをすると膝や足首が痛い

●髪 以前よりも髪にコシがなくなり、抜け毛が増えた

●爪 爪が割れやすくなった。以前と比べ柔らかくなった

●歯 歯の間に物がつまりやすい、歯磨き時に出血しやすい

●肌 潤いやハリがなくなった。保湿しても肌が渇きやすい

皆さんはどうでしたか(?・ω・)

かくれ老化対策のサプリメントとしては、
抗酸化力があるビタミンCやスタキサンチン、セレン、レスベラトロールなど。

抗糖化のビタミンBやαリポ酸。

骨や関節にはグルコサミンやビタミンD。

筋肉にはクレアチンなどの摂取を推奨しておりますヽ(`・ω・´)ノ

いかに早い段階でかくれ老化に気づき、
予防対策をするのかがカギとなるのですね(`・ω・)

もちろん20代の方も若いからと言って気を抜いてはなりません。
健康は貯金のようなものです(((( ;゚Д゚))
若い段階で不健康な生活を送ると、
数年後に一気に体の不調を招く可能性も・・・(+_+)
早め早めに対策しましょう^^

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑